2006/03/18

群林堂/キング・オブ・"豆"大福

◆豆大福ラヴァーたるもの、一度は食べてみたいものよと思っていた護国寺・群林堂の豆大福を、ひょんなことから手に入れました。イエーイv( ̄▽ ̄)v

「群林堂」は、東京でも一、二を争う有名豆大福。
買えるお店は一軒だけ、予約できずその日の分が売り切れたらおしまい、という頑固なスタイルを貫いています。この憧れの豆大福に、ようやくご対面がかないましたよ。

まーめーまーめーごーろごろ~ ◆手に持つとずっしり、かなり大ぶり。
大きな豆がごつごつと飛び出した無骨な面構え。
胸の高鳴りを覚えながら、いただきます…

第一印象は、豆。多いと聞いていたけれど、想像以上に多い!
大きくてまんまるのえんどう豆が、これでもか、これでもかとぶつかってくる。固めのゆで加減が、衝突時のインパクトを倍増。

次にもち。ちなみにこれ、買ったのは昼すぎで、包装紙にくるまれたまま5時間ほど置いてあったため(ビニール包装ではない)、多少固くなりつつありました。
それを差し引いても、非常にこしのある、強いもちです。塩気も効いていて、わたし好み!

最後にあん。こってりと練り上げた甘みの強いつぶあんでした。
お店によっては、噛むと小豆の皮のサクサクが感じられるつぶあんがあるんだけど(それはそれでフレッシュ?でおいしい)、群林堂はそういうことは全くなく、柔らかいぽってりした感触。
この違いはどこから来るんだろう、つぶあんって、作っている途中で皮を捨てたりしないよね。煮る時間の長さでしょうか??

うまく切れなくてごめんよ… ◆まず一言、おいしい豆大福でした。
豆ごろごろ&こってりあん&塩と、いかにも庶民的なタイプ。
ボリュームがあり、一個でおなかも満足!
ただ… 確かにおいしいけど、素材のひとつひとつにそれほど傑出したものはなかったように思う。
とにかく「並ばないと買えない」という評判を聞いていたので、意外と普通でびっくりしました。
「普通」って言うと語弊があるかなぁ…
とにかく「庶民的」。気取らない、親しみやすい味です。
洗練されてないとも言えるけど、昔ながらの手作り感があって懐かしい。こういうおいしさ、貴重よね。

◆人によって評価の分かれる「豆の量」については、やはり、ちょっと多すぎるのではないかと思った。
おいしい豆だし、何でもたっぷり入っているのはお得感があって嬉しいものだけど…
豆大福って、第一に豆・もち・あんという素材自身のおいしさ、第二にそれらのバランス、じゃない?
これが、あまりにも多い豆によって崩れてしまっているように感じたな、個人的には。
だって、もちのぐにょんと伸びる感触を味わいたいのに、豆のせいで伸びが分断されて、あぁもう豆邪魔!と思っちゃったんだもん。せっかくの豆に、わたしったら何てことを…
主役はあくまで、もちとあん。豆は、素朴な味わいとぽくぽくした食感をプラスする名脇役にとどまっているのがおいしい豆大福だと思っているので、その点がちょっと違うんじゃないかなぁと感じました。

◆なんて、偉そうに書いてるけど( ̄▽ ̄;

実際は、すごく嬉しくて、わーいわーい群林堂の豆大福だぁやったーおいし~♪という感じで食べてました。
というのもこれ、義弟からのホワイトデーのお返しだったのだ!
#今年のバレンタインは、フォンダン・ショコラ(ケーキの中に、チョコレートがとろーっと入っているあれ)とブラウニーをあげて、特にフォンダン・ショコラがすんごい好評だったんですよね

帰宅して、家に来ていた甥っ子と遊んでいたら、「これあげるー」と妹が差し出した紙包み。
見たら「群林堂」と書いてあるので、「ぐ・ぐ・群林堂?!どうしたのこれ?!(゚д゚;」と聞いたところ…
以前ちらっと「護国寺にまだ食べたことのない豆大福がある」と話したのを覚えていて、インターネットで検索して群林堂を見つけ、義弟がわざわざ並んで買ってきてくれたんだそうです。
おお、なんと気の利く妹よ。優しい義弟よ。ありがとう。ありがとう。
マヨ感激!(;ー;

というわけで、群林堂、味そのものというより家族の優しさのせいで、ぐんとポイントアップ。
それだけでもう「キング・オブ・豆大福」(つぶあんの部)に認定しちゃってもいいかなと、そう思ったホワイトデーの夜でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006/02/04

文銭堂/年に一度の豆大々福

豆大々福 ◆近ごろはバレンタインに力を入れる和菓子屋さんも増えましたが、どうにも無理やり感が否めない。
しかし、「節分」とくればこれはもちろん和菓子の独壇場で、さまざまなお店で節分菓子を出しています。
まぁ、世間的にはすでに バレンタイン>>>(越えられない壁)>節分 なわけで、先細り感もまた否めないのですが…

…和菓子屋さんごめんなさい。大好きです!(>◇<

◆で、わたしが買ったのは、これ。
文銭堂本舗の「豆大々福(まめだいだいふく)」♪
毎年この時期の5日間だけ売り出される、いつもより大きな豆大福。だから、いつもより「大」も一文字多いのです。
大福餅は食べて福呼ぶ餅。
さらに福を呼ぶ豆大々福は、節分恒例の大々福です。豆まきで鬼を払い、豆大々福で福をたくさん取り込んでください。
とのことで…
福をたっぷりいただきましょう(^~^

◆ほぼ1年前の記事「文銭堂/上品すぎる豆大福」では
形はやや小ぶり。中のこしあんは薄紫で、見た通り、甘さ控えめの上品なお味です。(中略)全体的にとにかく上品でさっぱりした豆大福なので、「いくつでも食べられる」を通り越して、少々物足りない感もあります。
と書きましたが、こちらは限定だけあって全然違うの。

たっぷりあん♪ ◆大きさは通常の1.5倍(とチラシに書いてあった)。

水分が多くてとろとろなのは同じだけれど、色がぐっと濃いつぶしあん。
しっかり甘く、はるかにこってりしています。

柔らかく煮えたえんどう豆もいつもより存在感があるし、通常より庶民派な味で、こちらの方が好みだなあ。
これで、お値段据え置き157円。お得ですよ奥さん!
#tvショッピング?
限定じゃなくて、一年中売ってくれればいいのに!

…調べてみたら、「豆大々福」は11月の創業感謝祭でも発売される模様。中身はこしあんの日とつぶしあんの日に分かれているらしいです。
ネクストチャンスは11月、ね(メモ

◆↑は知らなかったけど(くやしい)、たま~に新橋店に行きます。
お茶を出してくれてお菓子の試食もでき、折り目正しく気持ちいい接客。これで買わない訳には行かないでしょ?
通常でも豆大福は予約しないとまず無理なので、文銭最中を買ったりしてます。
ここって、最中でさえ例のトロトロあんなの。放っておいたらせっかくのサクサク皮がぐずぐずに溶けるんじゃないかと心配になりますが、買ったら速攻食べちゃうので検証はできず。
ぽってりかまくら型の「黒牡丹」「君牡丹」もイケますぜ。

◆皆様も、来年の節分にはぜひ、縁起の良い豆大々福をどうぞ。
なーんて書くと、払ったばかりの鬼に笑われちゃいますね…( ̄▽ ̄

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006/01/14

谷中岡埜栄泉/風格の豆大福

◆寒い。寒い。ああ寒い。
骨の髄まで凍りつきそうな寒波の大攻勢に、休日ともなると、朝から晩までTVでも見ながらお菓子をつまみたい誘惑に駆られるわたくしなのです。
あったかい居間で…
ごろごろ寝っ転がりながら…
そして、この寒さに対抗できるよう分厚い脂肪を溜め込み…( ̄▽ ̄

って、いかんいかんいかんッッッ!!!

ダメじゃん!冬太りを解消しようってダイエット決心したんじゃん!
危ない危ない。連休とかほんと危険。寒いけど我慢して外に出なくちゃ…

◆という訳で(前置き長すぎ)、あんまりお金がかからなくていっぱい歩けるところに行こうと思い、上野の国立科学博物館にお出かけすることにしました。
せっかく上野に行くんだったら、未体験の「谷中岡埜栄泉」に行きたいよね♪ ←すでにダイエットじゃない
でも、困ったわ。博物館と谷中岡埜って、ちょっと離れてるのよね。見学で歩き回るだけでもへとへとになっちゃうのに、それ以上歩くのはイヤだな。
…よし分かった。自転車で行けば問題なし。

谷中岡埜栄泉 ◆そんな訳で(まだ前置きだったのか)、我が家から1時間弱自転車に乗ってやって参りました、谷中6丁目。
神社仏閣の多い界隈なので、「七福神めぐり」をするぢいちゃんばあちゃんがわんさかいます。
道順を教えてくれるガイドさんまで立っていて、すごいっすねー。流行ってるんすね。

これが憧れの谷中岡埜。
噂に聞いた通り、歴史を感じさせる重厚な店構えです。
こんな店で売られているお菓子が不味い訳ありません。
中に入ると、寝ぼけたような雰囲気のおっちゃんが出てきました。 …あ、すいません、昼寝中でした?(汗

豆大福をお願いすると、奥の戸棚から箱を取り出し、山と詰まれた木箱から(すいませんその木箱ごとください、と言いたい)白くて丸いいつものやつを取り出し、包装紙でくるんで角をテープで留め、…のんびりゆったりと流れる時間。
うーむ、さすが老舗、鷹揚な接客だぜ。
ちなみに道を挟んだ向かい側に、これまたふるーい「愛玉子」のお店がありました。
台湾で食べそびれた愛玉子、東京でもどこだかにお店があると聞いていたけれどここだったのか。
なんだか時間の止まったような一角…

◆豆大福4つをリュックに入れて、国立科学博物館へ。
大好きな恐竜の骨やら猿人の骨やら、戌年ということで特別展示されているハチ公やタロの剥製をうぉーすっげー、たぁのし~!(興奮)と見学した後、休憩所へ。
お楽しみの豆大福タイムです…♪

060113_2 ◆背中で揺られて変形してしまうかと心配だったけれど、意外と崩れず、こんもり中高の可愛らしいフォルムを維持。
ますます期待できそうです。
サイズはやや小ぶり。
230円という大層なお値段を考えると、もう少し大きくあってほしいなぁ。
せこいことを考えつつ、たっぷりまぶされた餅とり粉をはたき落として、ぱくり。

餅は、薄めながら決して脆弱ではなく、コシがあります。
堅めでしっとり仕上げられたこしあんは、まろやか。「堅め」と「しっとり」って両立するんだと変なところで感心。
豆は小さくて数も少なめ、塩っ気もほとんどありませんので、全体的にあっさりと上品なお味。
うまいよ~!二個半は余裕で美味しく食べられるかな。個人的に、物足りなくなる一歩手前、ギリギリって感じです。

上野は庶民的な町なので、そこで売られている豆大福も庶民的なんだと思い込んでました。
夏に食べた湯島の「つる瀬」も上野広小路の「東京岡埜栄泉」もわりとそんな感じだったし。
(参考記事:「真夏の豆大福in上野」。関係ないけど帰り道に「つる瀬」通りかかったら、すっごい混雑してるの!!まさかこんなに人気だとは。びっくりしちゃった)
でも、ここのはちょっと趣が違ったわ。庶民の気軽なおやつではなく、老舗の風格が前面に押し出されたお菓子という印象。

◆帰りに、日本橋三越に寄り道。ここでは、浅草・梅園のごま塩大福食べました。
こちらはぐっと庶民的、モチに練りこまれた黒ごまのおかげでこってり、ボリューミィ。
食べるたびに思うんだけど、たとえば豆大福なら原料が豆・餡・餅の3種類とこれ以上なくシンプルなのに、お店によって味付けも食感も全く違うのよね。
その奥深さには、毎回感心させられてしまうのです…
いやー、大福ってほんとにいいですね~(^~^

ニコニコしながら自転車をこぐわたくしの背中には、最早、「ダイエット」のダの字も見受けられないのでありました。
嗚呼。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005/06/29

松島屋/御三家は伊達じゃない豆大福

4つも買っちゃったv ◆数ある東京の豆大福の中でも、もっとも美味しいと言われているのは
 護国寺・群林堂
 原宿・瑞穂
 高輪・松島屋
おおむねこの三軒になるわけですが(※)、今回はこのうち、松島屋の豆大福を食べることができました!
#昭和天皇が愛した大福ということで有名。このblogでもおすすめコメントをいただきましたよね

実はここ、以前勤務先でご一緒した和菓子フリークのお姉さんが一番好きだと言っていたところ。
期待に胸ふくらませ、お昼休みに電車に揺られて日本橋三越まで出向いたわたくしでございます。
※東京豆大福御三家 … 群林堂、瑞穂はほぼ不動ですが、三軒目は虎ノ門岡埜栄泉などと入れ替わることがあります

◆すでに売り切れていたらどうしよう、と不安でしたが、売り場のお盆の上にはまだまだ十分な数の大福が並んでいました。隣の石村萬盛堂や大黒舞も気になりますが、とりあえず今回は松島屋に集中することにいたしましょう。
1個141円也。今すぐかぶりつきたい気持ちを抑えつつ会社に飛んで帰り、落ち着いたところでおもむろに取り出してみます。

切ってみましたよ ◆直前に食べたのがかなり大き目の花月堂でしたので、小ぶりな印象を受けますね。
#試しに、冷凍保存してある花月堂と比較してみたら、2/3程度でした
その割に高さがあるので、全体的にころんと真ん丸いかたちです。
一口かじってみると…

甘くない?!

塩です。塩が効いています!
こんな塩気の強い豆大福は初めてです。
個人的にポイント高し。

固めのえんどう豆はほっくりしていて、数も多く。
よくのびるやわらかいおもちは厚みがまちまちで、手作り感を声高にアピール。
#わたしの気のせいかもしれないけど、こんなに不均一なのも珍しいよなぁ、と思った
一口目に、たまたまおもちの厚い部分&ごろごろ豆にぶつかって餡までたどり着かなかった場合、全く甘くない、というよりわずかにしょっぱく、いわゆる「豆餅」状態です。

二口目でたどり着いた餡。
こ、これは…

うまい!

誤解を招くといけませんので申し上げておきますが、一口目で餡が食べられなかったのは偶然であって、量が少ないわけではありません。
ていうかむしろたっぷりです。
決してしつこくなく、胃を攻撃しないまろやかな甘さ。しみじみ、日本に生まれた幸せを感じます。
餡のお味も炊き加減も「程よい」という言葉がぴったりで、むっちりしたおもちによく調和していますね。これが長年研究して完成されたバランスなんだろうなぁ。

おいしい!
おいしいですよこの豆大福!!(>▽<#


やっぱり、評判は伊達じゃありませんでした… 脱帽です、松島屋。
そして、豆・もち・餡のシンプルな組み合わせなのにお店によってこうまで味が違うのも、毎回不思議でしょうがありません。
なんて奥が深いの、豆大福。

| | コメント (13) | トラックバック (2)

2005/04/25

瑞穂/いきなり本命?な豆大福

思わず食べてしまいそうになる… ◆東京で豆大福といえば、護国寺の群林堂、虎ノ門の岡埜栄泉などと並んで名前の挙がる有名なお店があります。
それがこちら、原宿の瑞穂。
本店にはなかなか行く機会がないのですが、先日渋谷東急本店の諸国銘菓コーナーに行った折、レジの横に積まれているのを発見し、興奮状態で買い求めたものでございます。

◆お値段は200円とお高めですが、かなり大きくてずっしりと重みを感じます。期待に胸が高鳴ります。
とても家に帰るまで我慢できず、お店を出たところで包装をめくって、ぱくり。

………美味い!!
おいしいいいいいぃーーー(雄叫び


かぶりつくと、むちょ~~っと柔らかく伸びる、弾力のあるもち。ここのは厚めで塩も効いています。
こしあんは上品な甘さで、まろやか。
そして豆は、数こそ特に多くはないものの粒が大きく、硬めの歯ごたえで存在感抜群。

ああ、わたしは今まさに、豆大福を食べているのだ!!

という実感がふつふつと沸き起こってきます。
しかもかなり食べでがあるので、一個で「うぉー食ったあ!」と満足できるのです。なんて素敵なお菓子でしょうか!

◆違うお店の豆大福をいくつか食べたところで、自分なりの好みが見えてきた気がします。
もちは厚めで塩強め、豆の存在が感じられてできれば粒あん、が理想なんじゃないかと思っているのですが、それに比べると瑞穂はちょっと違いますね。
しかし、それでも、ここの豆大福に暫定首位を差し上げたい。そのぐらい気に入りました。
そのうちぜひ本店にも伺いたいものです。

ちなみに、いつも無心で食べてから「あ、写真撮ってなかった。」と思い出すので、断面図がありません…
この写真は冷凍庫にキープしてある分です。包装つきでごめん。

◆昨日も、東急の催事会場で売っていたのでまた買いました。
隣にいた奥様がバイトらしき売り子さんに「中はこしあんかしら、つぶあんかしら」と聞いたところ、「えーっと、これは、豆が入ってます」ととんちきなことを言うので(いや、それはあんじゃなくてもちに入った豆だから!)、思わず「こしあんですよ。」としゃしゃり出てしまいました。
だって、せっかくのおいしい豆大福、ぜひ買ってみてもらいたかったんです…
その奥様はつぶあんが苦手なんだそうで、ありがとうと感謝されました。よかったよかった。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2004/05/18

東京駅で、ずんだ餅

◆東京駅の大丸に「ずんだ茶寮 東京大丸店」がオープンしてたなんて!
ずんだ好きのくせに、どうして今まで気付かなかったんだろう…!(痛恨
…このお店の本体は「萩の月」で有名な仙台の菓匠三全。
仙台駅にある「ずんだ茶寮」は、ずんだもちのミニサイズや和風スイーツが食べられるカフェなんだよね♪
残念ながら東京店にはイートインスペースが無いそうなんだけど(と、さくまあきら氏が言っていた)、でもいいや、行きたい行きたいちょー行きたいっ(><;
#今週は忙しくてちょっと無理なの
◆皆様も、機会があればぜひ行ってみてくださいね。
爽やかで塩がちょっぴり効いたずんだあん、美味いっすよ!!

◆本日の私信その1:京ぽんなんて別に、うらやましくなんか!うらやましくなんかあぁ~!!
◆本日の私信その2:来てくれてありがとう♪ナリ情報なくてごめんなさい(^^;よかったらまた遊びに来てくださいね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/03/24

ワラビモチモドキ(おやつ)

見つけたので、買ってみた ◆夜、急にわらびもちが食べたくなったので、ワラビモチモドキを作ってみた。
片栗粉・砂糖・水を混ぜ、鍋にかけること数十秒。ちょっときな粉を探して目を離した隙に、もう固まってしまった!
慌てて火を止め、ようやく見つけた黒ごまきな粉に投入して、試食。
◇……結構イケるじゃんか( ̄~ ̄
ぷりぷりしててうまいぞ。
こんな簡単なら、ちゃんとわらびもち粉を買って作ってもいいな。
牛乳やジュースで作ってもいいらしい。抹茶入れたり、はちみつで食べてもおいしいかも。
◇バリエーションが豊富なのもいいが、何より、思い立ったらすぐ食べられるのが魅力だね。
これはちょっと、ハマってしまいそう…

◆…と思っていたら、今朝また食べたくなり、会社でのおやつ用に作ってしまった。
牛乳を入れてみたら、まろやかになってこれまたうまいではないか。
帰りに、スーパーでわらびもち粉を探してみよう…

| | コメント (5) | トラックバック (1)