« 2006年3月 | トップページ | 2006年12月 »

2006/04/12

銀座、ラストランチ

◆先月末まで、銀座に勤めておりました。
元から銀座は大好きでよく遊びに行っていたし、レストランもデパートも山ほどあるし、食いしん坊!万歳!!なマヨとしてはそりゃあ楽しかったです。美味しいランチ情報を集めて、毎日のように新しいお店を開拓したりしてね。

…夢のようだったなあ、あの頃(;ー;

#ちなみに今は、社食以外に食べるところがほとんどない環境になりましたorz
#これって何の天罰??


◆そんなわたしの銀座勤務最終日。
いつも一緒に食べに行っていた方たちが、素敵なランチに招待してくれました。
銀座6丁目。
歴史を感じさせるデコラティブな外観の建物、交詢ビル5階にある「赤坂離宮」です。
いやー、このビルの前はさんざ通ったけど、中に入ったことは一度もなかったのよね~。
だって高いお店ばっかりだし、1階はバーニーズニューヨークだしね。わたしの買うようなものは売ってない( ̄▽ ̄;

◆水の流れるエントランスを抜けて、天井が高く広々としたホールへ。店内はほぼ満席、そこらじゅうからがやがやと楽しげなおしゃべりが聞こえてきて、活気のある雰囲気。
3人で、飲茶コースをいただきました。
お茶は、凍頂烏龍茶をセレクト。香りがとても爽やかでよいの!

赤坂離宮のランチ、その1
◇前菜三種盛り合わせ
ダックとチャーシュー。奈良漬のようにお酒の香りがする、甘酸っぱい大根の漬物。

◇三種点心のセイロ蒸し
カニシューマイ。海老の蒸し餃子。五目餃子。海老はぷりぷり、皮はもっちり。わたしはカニシューマイが一番好き。

◇干し貝柱入りスープ蒸し餃子
大きな餃子がごろりと入った、深いお味のスープ。

赤坂離宮のランチ、その2
◇いかの揚げ物、特製スパイス
ぷるんとしたいかを香ばしく揚げて。ふりかけられた揚げネギもいい香り。

◇芝海老のチリソース煮
上品なチリソース。これだけは、もっとパンチがあってもよかったかな。

◇白身魚の雪菜と唐辛子のせ蒸しご飯
淡白なお魚はごく柔らかく、火の通り加減が絶妙。ピリッと辛みのきいたご飯。おなかいっぱいだけど、最後の一粒まで食べずにはいられないわ。

◇本日のデザート
マンゴープリンをチョイス。果肉がたっぷり!
他の人の頼んだ杏仁豆腐も、一口いただいてみたら、おいしかった~。

◆全体を通して、とても上品な料理でした。
味付けも濃すぎず、やさしいイメージで、和やかな会食にぴったりね。
取り分けもお茶をつぐのも、全部お店の人が丁寧にお世話してくれて、気分よく食べられました。
ご馳走様でした!!

やっぱり、銀座大好きです。またいつか、銀座OLになりたいなあ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006/04/02

カブト、最終回まで見るぞ宣言

◆楽しみに見ていた「時効警察」が終わり、「夜王」が終わり、残るは「チャングム」のみ。
春だというのに、心には隙間風が…

寂しいわあ(;;
…とか何とか言いつつ、日曜8時にワクワクとTVの前にスタンバイしてしまうわたしなのです。

◆今回も面白かったわ、「仮面ライダーカブト」。
「龍騎」「555」と見て「剣」「響鬼」はパスしてしまったけれど、この調子なら、今年は最後まで行けるかも??

主人公の天道(水嶋ヒロ)、俺様キャラでもちゃんと筋は通っているし、ルックス含めてかなり好きになりました。服装も面白いわね。作務衣とか。
今日はなぜかずーっとマフラー巻いてたけど、あれはオシャレなのかなぁ。
加賀美(佐藤祐基)は、えー、置いといて。
先週ご乱心だった矢車隊長(徳山秀典)はもう出ないのかしら… TV朝日公式サイトのインタビューではもう終わりということなんだけど、好きなタイプのキャラなので、改心してザビーに返り咲いてほしいです。
影山(内山眞人)のヘルメットは外れすぎだ。
加賀美パパ(本田博太郎)、どこかで見たことあると思ったら、オダジョのライフカードCM第一弾に出てた「保守派:犬山課長」でした。
三島(弓削智久)については、まだなんとも… 眼鏡に関しては、ありがたやありがたやと画面に手を合わせています。←眼鏡好き

あとあと、来週出る新キャラ、風間大介(加藤和樹)が楽しみ!
「テニスの王子様」のミュージカルに出演されてた人なんだって(知ってる?>Uささん<名指しかよ)。東映公式の写真を見たら、良さげだったの。
「すべての女性を守るのが自分の仕事」なんて言うキャラらしく(先週まで、同じような台詞よく聞いてたなあ)、期待大♪

◆戦闘シーンのクロックアップタイム、今回は「炎」を使った演出でしたね。
ゆらー、ゆらー、と揺れる炎の中で跳び回るカブトとワーム。カッコイー。
なんでも、わたしが感激した第4話の雨の中での戦闘シーンを撮ったのと同じ監督さんなんだとか。
この監督の演出、好きかも。またの登場を楽しみに待っています。

監督といえば…

来週は脚本・井上敏樹、監督・田崎竜太だそうで。
田崎監督はもちろん大歓迎なんですが、問題は… 脚本……( ̄▽ ̄;
井上さんといえば、「悪乗り寸前のキャラ立ち」や「つかみ>>辻褄」といった(良くも悪くも)個性的な脚本を書く人、というイメージなので、より面白くなるか、あるいは順調だった話をめちゃくちゃにされるのか、一種のギャンブルという気がします。

来週も、いろんな意味で見逃せませんね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年12月 »