« 夜王 第二話&第三話 | トップページ | 時効警察 第二話~第四話 »

2006/02/04

文銭堂/年に一度の豆大々福

豆大々福 ◆近ごろはバレンタインに力を入れる和菓子屋さんも増えましたが、どうにも無理やり感が否めない。
しかし、「節分」とくればこれはもちろん和菓子の独壇場で、さまざまなお店で節分菓子を出しています。
まぁ、世間的にはすでに バレンタイン>>>(越えられない壁)>節分 なわけで、先細り感もまた否めないのですが…

…和菓子屋さんごめんなさい。大好きです!(>◇<

◆で、わたしが買ったのは、これ。
文銭堂本舗の「豆大々福(まめだいだいふく)」♪
毎年この時期の5日間だけ売り出される、いつもより大きな豆大福。だから、いつもより「大」も一文字多いのです。
大福餅は食べて福呼ぶ餅。
さらに福を呼ぶ豆大々福は、節分恒例の大々福です。豆まきで鬼を払い、豆大々福で福をたくさん取り込んでください。
とのことで…
福をたっぷりいただきましょう(^~^

◆ほぼ1年前の記事「文銭堂/上品すぎる豆大福」では
形はやや小ぶり。中のこしあんは薄紫で、見た通り、甘さ控えめの上品なお味です。(中略)全体的にとにかく上品でさっぱりした豆大福なので、「いくつでも食べられる」を通り越して、少々物足りない感もあります。
と書きましたが、こちらは限定だけあって全然違うの。

たっぷりあん♪ ◆大きさは通常の1.5倍(とチラシに書いてあった)。

水分が多くてとろとろなのは同じだけれど、色がぐっと濃いつぶしあん。
しっかり甘く、はるかにこってりしています。

柔らかく煮えたえんどう豆もいつもより存在感があるし、通常より庶民派な味で、こちらの方が好みだなあ。
これで、お値段据え置き157円。お得ですよ奥さん!
#tvショッピング?
限定じゃなくて、一年中売ってくれればいいのに!

…調べてみたら、「豆大々福」は11月の創業感謝祭でも発売される模様。中身はこしあんの日とつぶしあんの日に分かれているらしいです。
ネクストチャンスは11月、ね(メモ

◆↑は知らなかったけど(くやしい)、たま~に新橋店に行きます。
お茶を出してくれてお菓子の試食もでき、折り目正しく気持ちいい接客。これで買わない訳には行かないでしょ?
通常でも豆大福は予約しないとまず無理なので、文銭最中を買ったりしてます。
ここって、最中でさえ例のトロトロあんなの。放っておいたらせっかくのサクサク皮がぐずぐずに溶けるんじゃないかと心配になりますが、買ったら速攻食べちゃうので検証はできず。
ぽってりかまくら型の「黒牡丹」「君牡丹」もイケますぜ。

◆皆様も、来年の節分にはぜひ、縁起の良い豆大々福をどうぞ。
なーんて書くと、払ったばかりの鬼に笑われちゃいますね…( ̄▽ ̄

|

« 夜王 第二話&第三話 | トップページ | 時効警察 第二話~第四話 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「和のおやつ+α」カテゴリの記事

コメント

がぼー。今書いたのを間違って消しちゃった…。

奇しくもたった今、霧の森大福を食べたところです。
和菓子はかなり苦手なのですが、大福(あっさりめ限定)は結構好きです。
ちなみにこしあんは苦手です。
一度マヨさんに霧の森大福の感想をお聞きしてみたいです。
辛口トークが聞けそうな予感。
久し振りに食べた霧の森大福(なんかしつこい)は、期待が膨らみすぎていたようです(笑)。
それでも美味しかったですがv

投稿: じゅんこ | 2006/02/05 12:55

こんにちは♪
あっさりめ好き=こしあん派、と思い込んでいましたが、そうじゃない人もいるんですね。好みって本当に人それぞれ。
「霧の森大福」かぁ。似たのを食べたことあるような…と思い返してみたら、わたしが食べたのは「喜久福」でした。説明を見た感じ、あれよりもっと抹茶風味が強いのかな?
生クリーム入りの大福は、いくつか食べてみてちょっと自分の好みとは違うような気がしているんだけど、じゅんこちゃんがそれほど好きなら試してみる価値はありそう。今度買ってみます♪

投稿: マヨ | 2006/02/05 22:33

私は断然つぶあん派ですね。
和菓子はつぶあんのくせにあっさり、なものが好き…なのかな?あ!違う、つぶあんの濃さで、「いかにも和菓子」な味が薄くなっているものが好きなのかもしれません。(説明がわかりにくくてすみません~) こしあんの「和菓子~」って感じ(わかるかよ)が苦手なんです。
昔、茶道を習っていた時も、お茶の前に和菓子を食べるのが辛かったです(苦笑)。
生クリーム入りの大福は、生クリームが入ることによって和菓子ぽさが薄くなるからきっと好きなのかな。
なので、マヨさんとは和菓子が好きなポイントが違いそうですね。
喜久福、調べてみます☆霧の森大福は食べたい時に買えないのが不満です。

投稿: じゅんこ | 2006/02/05 23:30

す、凄いこだわりだぁ!(゚Д゚;
「いかにも和菓子」が苦手だと、茶道は辛かったでしょうね…
わたしが大学のときちょっと習いかけてやめたのは、ひとつには「自分が亭主になるとお菓子が食べられない」のがつまらなかったからでした。(いや、最大の理由は正座が辛かったからなんだけど)
霧の森、購入権がすでに抽選なんですね。人気なんだなあ!

投稿: マヨ | 2006/02/08 22:24

マヨさん、お久しぶりです、お元気ですか?
相変わらず、しっかり大福ライフをおくってらっしゃいますね。
じつは創業でもやったのです、豆大々福。
というか私はずっと節分の方知りませんでした。
という訳でTBさせて頂きました、これからもよろしくお願いします。

投稿: あんころりん | 2006/11/21 08:20

あんころりん様…!
すっかり放置中のこのブログ、せっかくいただいたコメントにお返事することすら忘れておりました(--; 申し訳ありません!!
豆々大福、年に二回も食べるチャンスがあったんですか。それはラッキー!美味しいですよね~♪
最近更新頻度が落ちているのであまり書いていませんが、大福ライフは地道に楽しんでいます。季節的にもぴったりですしね。大福がますます大好きです!!

投稿: マヨ | 2006/12/17 21:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/2642/8494516

この記事へのトラックバック一覧です: 文銭堂/年に一度の豆大々福:

» 年に一度の豆大々福「文銭堂本舗」 甘酒饅頭、黒牡丹、ゆり根きんとん [近所の和菓子屋さんの豆大福、パン屋さんのあんぱん]
↑上:限定1.5倍サイズの豆大々福のつぶしあん 下:黒牡丹、4分の一断面図 新橋の烏森通りは 会社帰りの勤め人が集う居酒屋が立ち並ぶ “サラリーマンのオアシス度数”高めのエリア。 「文銭堂本舗」は歓楽街に咲く清らかな花の如く、 その心の通ったサービスは おいしい..... [続きを読む]

受信: 2006/11/21 08:14

« 夜王 第二話&第三話 | トップページ | 時効警察 第二話~第四話 »